(MQL4)WindowFind to (MQL5)ChartWindowFind

MQL4とMQL5の違い

MQL4では、現在チャートで指定したインジケーターが含まれているサブウィンドウ番号を返しますが、別のチャートに含まれるインジケーターを指定することができませんでした。MQL5では引数にchart_idが増え、別のチャートに含まれるインジケーターのサブウィンドウも調べることができるようになりました。

MQL4

現在チャートで、指定したインジケータが含まれているサブウィンドウ番号を返します。

書式

int  WindowFind(
   string   name        // インジケータ短縮名
   );

引数

引数名初期値I/O詳細
nameInインジケータ短縮名

戻り値

サブウィンドウ番号(失敗の場合は -1 )

MQL5

この関数は指標が描画されるサブウィンドウの数を返します。この関数には 2 つのバージョンがあります。

int  ChartWindowFind(
  long    chart_id,                 // チャート識別子
  string  indicator_shortname       // インジケータ短縮名
  );
int  ChartWindowFind();

引数

引数名初期値I/O詳細
chart_id In チャート識別子。( 0 は現在のチャート)
indicator_shortname In インジケータ短縮名

戻り値

サブウィンドウ番号(失敗の場合は -1 )

MQL5で使うための関数

int WindowFind(string name){
  return ChartWindowFind(ChartID(), name);
}

インクルードファイルをダウンロード